腎臓病の方にお勧めしたい低たんぱくの特殊食品

腎臓病を患う方にお勧めしたい、低たんぱくの特殊食品があります。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が症状進行すれば、今よりも力を入れて食事を管理する重要があります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー病理制限も追加されるのです。自己の判断で適当に献立を決めずに、専門の知識を有する管理栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分だけでなく水分の病理制限も重要となります。この際の病理制限の定義としては、飲み水の他、食品中に含まれる全ての水分が該当します。浮腫がなかったり軽い場合は病理制限を設ける項目は塩分だけになります。水分量の病理制限については病状や尿量により医師が判断します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自身のみの判断で制限を行うのは宜しくありません。慢性腎臓病の食事療法・食事制限の目的は、腎臓病の症状進行を食い止める事と、健康状態の維持になります。人工透析導入前の保存期の方であれば、食事療法・食事制限を元に腎不全の進行ペースを抑えられ、結果として人工透析の導入時期を遅らせられます。更に言えば、透析開始後も、体調を保ちながら安定して人工透析を続けていくために、食事療法・食事制限は必須なのです。腎臓病に罹っても食事療法・食事制限を厳守すれば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、慢性腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。そうとう上手くいった場合、慢性腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法が難しいと言いますが、これは病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法・食事制限と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になります。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎないように工夫する重要があります。甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質が含有されています。食事によって獲得したたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓中で分解されて、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、全く摂らない訳にはいけません。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、使用する食品の種類や調理の際の水量・形状・処理時間次第で変動します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担がかかります。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。腎臓病では 糸球体がおかされるために正常な血流が行われず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。故に的確な食事療法・食事制限を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを常にキープする事が入り用なのです。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉の量が低下すれば、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が多くなるために、クレアチニン値が低くなります。
参考にしたサイト>>>>>クレアチニン 下げる サプリ